PSNアカウントが乗っ取られたので取り返した

1通のメールが届きました。

ソニー プレイステーションから
「サインインID変更のお知らせ」

はて?

最近PS4のオンラインやってないし、
このメールの最後なんか文字化けしてるし、
迷惑メールかなんかだろうと思ったのですが、
妙に気になり、PS4の電源をオン。

サインインできない。

入力された内容は無効ですと表示されている。

これはマジなのか?とちょっと焦り、
情報収集をはじめた。

するとどうやら、身に覚えのないサインインID変更についてのメールを
受け取っている人が多くいて、同じようにサインインできなくなっているとのこと。
(Twitter調べ)

こりゃまずい。がっつりアカウントハッキングされてんじゃん。
PSNアカウントにはクレジットカード情報も登録してあるので、
その辺の被害が出るのは避けたい。

落ち着いてすぐに対処

これは迷惑メールではないらしいので、
すぐにPSNサポートに連絡した。

問い合わせ用の電話番号でもあるのかと思いきや、
担当の人とチャットでのやりとりするシステム。

(メールで問い合わせもできる)

チャットの入室ページで問い合わせ内容を入力する。
ぼくの他にリアルタイムでチャット待ちの人が2人いた。

待つこと10分。

チャットがはじまり、対応してもらう。

この時、間近に使っていた機器のシリアルナンバーを聞かれるので、
待っている間に調べておくとよい。

ちなみにPS4のシリアルナンバーは、
本体の後ろの電源ケーブルを刺すところに書いてあるので、
設置の仕方によってはかなり読みにくい。
文字ちっさいし。

そして2日後、、、

アカウントを確認してお調べしますとのことだったので、
待つこと2日。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントさんからメールが届き、
やはりアカウントが乗っ取られていたことがわかった。

アカウントの復帰作業をするから、
今後の安全のために、以前登録していたメールアドレスとは違う、
別のメールアドレスを用意してほしいとのこと。

その新しいメールアドレスや個人情報など、
PSNサポートのメールフォームに入力して作業完了。

ふう。

あとがき

様々なアカウントハッキングのリスクは他人事ではありません。
多くウェブサービスを使うほどリスクは高まります。

ずっと言われていることですが、
それぞれのアカウントに使うパスワードは、
独自のものをつかう。
これだけでリスクは激減するはずです。

今回ぼくのPSNアカウントがハッキングされたのも、
他のウェブサービスのアカウントと同じパスワードを使っていたのが原因でしょう。

セキュリティを意識して、いろんなところで使っているアカウントを
独自のパスワードに変更したつもりだったけど、
使用頻度の低いPSNアカウントのパスワードを変更し忘れていました。

パスワードは定期的に変更しましよう。

プレイステーションサポート 公式サイト

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク