超広角レンズ TAMRON B001Eを購入

前々から遠近感があって迫力のある写真を
撮りたいと思っていたんだけど、
迷いに迷ったあげく、Amazonで
「TAMRON 超広角ズームレンズ SP AF10-24mm F3.5-4.5 DiII キヤノン用 APS-C専用 B001E」
を購入しました。

最新モデルではないこともあって、
安かったんですけど、注文した翌日にさらに安くなっていて
かるくショックでした。

大丈夫、泣いていません。

開封するよ

花形のフードが付属で付いてきます。

単焦点レンズとかに慣れてるから、ずっしりと重量感。

標準キットレンズと比べるとでかい。
大口径。

一眼レフの中でもコンパクトサイズな

Canon eos kiss x7に装着するとこんなかんじ。


でかい。

撮影してみる。

大阪中之島にある、中之島図書館と中央公会堂を撮影したのがこちら。

良いですね。この、どーん感。
この建物の全景が入ってもまだ余裕がある感じが欲しかった。

超広角レンズというだけあって、クセが強く、
今までのカメラとはまるで別物になった感じです。

難しいけど、おもしろい。
ちょっと水平ずれたりすると、とんでもない歪み方するけど、
そんなのは慣れだろうし、単純に撮影がおもしろい。

これから練習です。

こんな人におすすめ

  • フルサイズ一眼レフカメラを買う予定がない人。
  • 標準レンズキット、単焦点レンズを所有してる人。
  • 純正にこだわりがなくコスパ重視な人。
  • ちょっとカメラに飽きちゃってる気がしてる人。

こういう人ならきっと大満足すると思います。

使ってみてまだ間もないですが、
気になった点があるのも事実で、
AF時の動き、というか音。

純正のレンズに比べると、なんか機械音が大げさです。
がんばってフォーカスしてる音がします。

そして、なんとなくピントが甘い気がすること。
これに関しては、ぼくの腕やら、設定とか、何を撮るのか、
いろいろな要因があるのでなんとも言えないんですが、
Amazonのレビューでもピントについて書いている人がいたので、
たぶんそうなんだと思います。

この2点。

とは言うものの、大満足には変わりません。

ぼくの今の使用用途には十分高性能でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク