「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」に出てくる猫は本物のボブ

映画
"image: IMDb People: Luke Treadaway, Bob the Cat"

映画「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」をアマゾンプライムビデオで観た。
音楽が好きな人はもちろん、とくに猫が好きな人が観ると幸せになれる映画でした。
 

ボブという名の猫 幸せのハイタッチのかんたんなあらすじ

 

舞台はイギリス、ロンドン。

 

ミュージシャンになる夢が破れ、路上ミュージシャンをしながらホームレスで薬物中毒のジェームズは、怪我をした一匹の野良猫と出会う。

ジェームズに懐いて離れない野良猫(ボブ)と一緒に路上ライブを行う。

作品情報

公開日

イギリス 2016年11月4日

日本 2017年8月26日

 

上映時間

103分

 

監督

ロジャー・スポティスウッド

 

キャスト

ルーク・トレッダウェイ

ルタ・ゲドミンタス

ジョアンヌ・フロガット

アンソニー・ヘッド

キャロライン・グッドール

ベス・ゴダード

 

ボブという名の猫 幸せのハイタッチの感想 ネタバレなし

ボブという名の猫 幸せのハイタッチの良かったところ

・猫のボブがめちゃくちゃ可愛い。これに尽きる。

たまにボブ視点になるんだけど、猫が好きな人はこの演出にもニヤニヤすると思う。

 

・主人公であるジェームズは薬物中毒なのでジャンキーなんて言われたりするけど、いわゆるアウトローなひとではなく、ものすごく好青年な印象。

薬物に手を出す人は悪い人というイメージがあるけど、ジェームズのように優しすぎるひとが、どうしようもなくなってジャンキーになってしまう悲しい現実も教えてくれる。

 

・薬物依存の怖さを考えさせられつつも、映画を見終わったあとは心地良さが残る。

 

ボブという名の猫 幸せのハイタッチのダメなところ

映画のだめなところというより、この映画は実話なので主人公ジェームズに対して思うところがあって、

プロのミュージシャンになる夢が破れた人は世界中にたくさんいる。薬物中毒のホームレスになるまでに他の方法なかったんかね。

と、プロのミュージシャンになりたかった夢が破れたぼくは思ってしまいました。

 

ボブという名の猫 幸せのハイタッチは実話

"image: IMDb"

この映画「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」はイギリスで大ヒットしたノンフィクションの本「A Street Cat Named Bob」が原作で、映画に出てくる猫も本物のボブがボブ役として出演しているのが面白い。

主人公ジェームズの本物もちらっと出てくる。

 

ボブという名の猫 幸せのハイタッチのまとめ

この映画「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」では、ボブという猫がどん底から這い上がるチャンスのきっかけになっているわけだけど、大切なのはチャンスに気がつけるかどうかだなと思います。

映画の中でおきるすべてのことは、ジェームズが運良くボブに出会えてチャンスのきっかけをつかんだわけではなく、元々のジェームズの性格や行いがあったからボブがチャンスになった。

ジェームズが野良猫をほったらかしにしていたら、この映画は生まれなかったわけで。

 

実は気がつかないだけで、見えないボブのような存在や出来事が自分のまわりにもあるんだろうなと考える良い映画でした。

 

 

 

映画
スポンサーリンク
hicoblo
タイトルとURLをコピーしました