オール・ユー・ニード・イズ・キルの感想 ネタバレないはず

映画

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」はタイムループものや死にゲー好きの人は絶対楽しめる作品。

オール・ユー・ニード・イズ・キルのかんたんなあらすじ

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』本予告【HD】 2014年7月4日公開

舞台は近未来。地球は宇宙からの侵略者と戦っていたが劣勢を強いられていた。

軍の報道官であるウィリアム・ケイジ少佐は最前線に送られ戦死してしまうが、次の瞬間、最前線に送られた場所で目を覚ます。

作品情報

公開日

日本 2014年7月4日

上映時間

113分

監督

ダグ・リーマン

キャスト

トム・クルーズ

エミリー・ブラント

ビル・パクストン

ブレンダン・グリーソン

オール・ユー・ニード・イズ・キルの感想

トム・クルーズ主演のタイムループもの。

複雑になりがちなタイムループを観ている人がうまく感情移入できるように、シーンやセリフにフックとなる部分が散りばめられているのでわかりやすい。

トム・クルーズ演じる主人公が、ヘタレの元広告代理店社員から映画「ミッションインポッシブル」のイーサン・ハントみたいになって敵を無双していく様子などからも、弱者が強者になっていくところは感情移入しやすいポイント。

タイムループやタイムトラベルものあるあるだけど、主人公の置かれている状況を周りに説明してもなかなか理解されない歯がゆさがおもしろい。

理解されないなら状況を利用して乗り切るぜ的な展開も良くて、まるで「死にゲー」のようになんども死んで覚えて進んで行く展開はゲーマーなら共感度が高いはず。

「死にゲー」が苦手なぼくが、このタイムループにハマると間違いなく人類は滅亡します。すみません。

オール・ユー・ニード・イズ・キルの原作は桜坂洋

オール・ユー・ニード・イズ・キルの原作は桜坂洋氏

日本の作家さんの作品がハリウッド映画化されたものだというのは、映画を観終わってから知った。

原作を知らないので原作との比較とかできないけど、日本発というのを知って観ると、また評価が変わるかもしれない。

というか、ほとんどの人が原作を知っていて、知らないぼくは少数派なのかもしれないけど。

劇中で気になった日本語はそういうことだったのかと納得。

てっきり、世界中の人が参加している戦いだから各国の言葉が流れる中、日本語だけを聞き取れただけかと思った。

それに妙に観やすいというか、映画の中に日本っぽさを感じることができたのも腑に落ちてすっきり。

オール・ユー・ニード・イズ・キルを観賞したのまとめ

タイムループものや死にゲー好きの人は絶対楽しめるし、SF作品としても面白い。

この映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」は普段、洋画を観ない人に勧められて観たので、同じように普段洋画を観ない人が観ても楽しめる作品かも。

アマゾンプライムビデオ オール・ユー・ニード・イズ・キル

Pick up!

快適に映画を楽しむのに役立っている動画配信サービスについての記事はこちら

動画配信サービスはどこがいい?実際に使ったものだけまとめ

映画
スポンサーリンク
hicoblo
タイトルとURLをコピーしました