乗り物酔いしやすいから困っていたけどアネロンニスキャップで酔わなくなった

ライフ

アネロンニスキャップで酔わなくなった

ぼくは乗り物酔いのエキスパートなのでぜんぜん揺れなくて、まっすぐ走るだけの新幹線でも酔う。

乗り物酔いにはいろんな対策や改善方法があるけど、市販の薬アネロンニスキャップがよく効いて感動したのでおすすめ。

 

乗り物酔いの悩みはつきない

小さい頃からのぼくの悩みで、いまだに解決していないのが乗り物酔い。

気分が悪くなるのはもちろんだけど、移動中の時間を有効に使えないのがもったいない。

できるだけ移動中に本を読んだり、少しでも仕事を進めたいなぁと思っても、そんなことをするとほぼ100%気分が悪くなって、後のパフォーマンスにも影響が出てしまう。

 

カメラマンのドキュメンタリーなんか見てると、写真を撮るために海外のすごい秘境とかに行くわけです。

道無き道を、現地のドライバーを雇って何時間もどんどん車で進んでいく。

いつも見てて思うのは、よく酔わないなと。

乗り物酔いに悩む人にしか伝わらないかもしれないけど、楽しい旅行の計画をしてても、心のどこかでは、酔うんじゃないかと不安になってたりする。

 

乗り物酔いなんてなくなればいいのにね。

 

乗り物酔いの改善方法

乗り物酔いで悩んでいる人たちの中ではメジャーな対策方法がいくつかあって、たとえば、

・梅干しを食べる

・手にある内関(ないかん)というツボを刺激する

・よく寝る

・満腹 空腹を避ける

これはたしかに一定の効果はあるんだけど、ぼくが目指している「移動中に仕事したり読書したり映画みたりできるようになること」にはあまり効果がない。

 

そもそも乗り物酔いしないように本などは読まないようにしましょうってくらいだから。

 

乗り物酔いには結局酔い止めの薬が効く

結局、乗り物酔い対策として酔い止めを飲む。

いままでいろんな酔い止めの薬を試してきた中で効果が高いと感じたのはアネロンニスキャップ

朝一に一錠飲むだけで、わりとハードな移動スケジュールでも酔わない。

移動中にキーボードをカタカタやっても大丈夫。すごい。

調子にのると酔うんじゃないかと、内心ビビっているので、長時間の作業は試してないけど、なんとなくいけそうな気もする。

とはいえ、乗り物酔いは慣れで克服できるとも聞くので、これからはあえて酔いながら慣れていくというスパルタンな方法も試してみないと。

克服できたら追記します。

追記がなかったら克服してないか、実行していないか、書くのを忘れているかです。

 

ライフ
スポンサーリンク
hicoblo
タイトルとURLをコピーしました