ビッグ・バグズ・パニックは最初から最後までB級感満載のパニック映画

映画
"image:IMDb Infestation Photo Gallery"

映画「ビッグ・バグズ・パニック」は最初から最後までB級映画のお手本のような作品でした。

ビッグ・バグズ・パニックのかんたんなあらすじ

『ビッグ・バグズ・パニック』予告

いつものように出社するクーパー。突然耳鳴りがして倒れてしまい、目を覚ますと世界は巨大な虫に襲われていたことに気がつく。

作品情報

公開日

日本 2009年11月28日

上映時間

91分

監督

カイル・ランキン

キャスト

クリス・マークエット

ブルック・ネヴィン

レイ・ワイズ

キンジー・パッカード

E・クインシー・スローン

ビッグ・バグズ・パニックの感想

映画本編が始まるまでのオープニングが長い。だけど本編が始まったら導入は短くてテンポよくストーリーが進む。

テンポよくといってもそこはB級、主人公クーパーのキャラクターや会話に慣れるまでちょっとイライラすることろもある。

突っ込みどころは多いわけだけど、この映画はそんなこと気にしていたら観れない。

たぶん「ビッグ・バグズ・パニック」というタイトルや、巨大な虫に襲われるというあらすじから予感させるB級感を乗り越えて観たひとなら、突っ込みどころは無視して楽しめるはず。

いろんな「なぜそうなったか」が基本的に省かれているのが清い。とりあえずこういう設定の映画だよってゴリ押ししてくる感じ。

そんな中、一応、良い話というか家族の絆みたいなものも描かれていて、主人公クーパーにしても補聴器をつけている青年ヒューゴにしても、このパニックを通して出会いと別れがあり、成長していく様子を見ることができるので、B級な雰囲気の中にもメッセージがあるのが良い。

巨大な虫はクワガタのよなスカラベのような

巨大な虫のデザインは良くも悪くもふつう。そして思ったより小さい。虫と人間のハイブリッドは気持ち悪いながらも少しアートだなと思ってしまった。


人間から虫の脚が生えてきて蜘蛛のようになるこの造形、どこかで見たような気もするけど思い出せない。

スターシップトゥルーパーズの制作チームが関わっている

B級映画のお手本のような作品だけど、どこかクオリティの高さを感じるのは、映画「スターシップ・トゥルーパーズ」の制作チームが関わっているからかもしれない。

「スターシップ・トゥルーパーズ」も、この「ビッグ・バグズ・パニック」のように巨大な虫と戦う映画で人気シリーズなので、まだ観たこと無いひとはぜひ。

まとめ

大作や話題作が好きな人にはおすすめしづらいけど、B級映画やモンスターパニック系の作品が好きな人におすすめな映画でした。

アマゾンプライムビデオ ビッグ・バグズ・パニック

(この記事に関するアイキャッチや画像はIMDbのPhoto Galleryより引用しています。)

Pick up!

快適に映画を楽しむのに役立っている動画配信サービスについての記事はこちら

動画配信サービスはどこがいい?実際に使ったものだけまとめ

タイトルとURLをコピーしました