iPhoneのCPO(整備済製品)がほぼ新品だった

ライフ

Appleの商品の一部には、新品でも中古でもない、
CPOという整備済製品がある。

厳密に言うと中古のようなものだけど、
単純に下取りしたものを再販売しているのではなく、
初期不良や何らかの原因で、返品されたものを
Appleの規定に基づき再整備してテストされ、きちんと認定されたものらしい。

今回、mineo(マイネオ)で販売されていたiPhone6sのCPOを入手。

新品と同じく、一年保証がついていて、
さらに必要ならApple careに加入することもできるみたい。

日本のApple StoreではいまのところiPhoneのCPOは取り扱っていないけど、
MVNO(いわゆる格安シム)で使用するため、
最近、海外版iPhoneのCPOが多く出回っていて、
在庫さえあればネットで簡単に買える。

iPhone6s CPOの箱をあけてみる

新品のiPhone6sと比較してみた。

結果から言うと、見た目は新品とまったく変わらない。

人の手に触れる部品はすべて新品に交換しているということで、
iPhoneの外装はもちろん、イヤホンマイク充電器も新品。

さらにOSも最新の状態だった。

見た目の違いはもはや箱だけじゃないのかな。

右がiPhone6sの発売日に手に入れたもの。
熱帯魚のベタをモチーフにしたデザインがおしゃれ。

そして左が今回のCPO。
熱帯魚がいなくなっているが、
これはこれでシンプルな高級感がある。

手触りも同じ。

箱の横部分もiPhone6sの表記があるかないかの違い。

iPhone CPOという選択肢

新しいiPhoneばかりではなく、こういった旧機種でも、
最新OSに対応してばりばり現役で使えるんだけど、
みんなにおすすめってわけでもないかも。

MVNOが販売するiPhone CPO のメリット

各MVNO会社で新規契約してiPhoneを使いたい場合、手続きの手間が省ける。

通信料と端末の支払いを一緒にできる。

MVNOが販売するiPhone CPOのデメリット

思ったより安くない。

まとめ

てことで、とにかくコスパ重視なら
Appleで直接新しいiPhoneを購入してMVNOでシムだけ契約するほうがコスパは良い。

Appleで販売しているiPhoneを一括で買う予算がない、
分割にするための審査が面倒(簡単なことだけど)、
24回払い分割金利0%で買いたい(Appleで24回払い分割金利0%が実施されていない時)。

という人にとっては、
MVNOが販売しているiPhone CPOは簡単で良い。

ライフ
スポンサーリンク
hicoblo
タイトルとURLをコピーしました