JiNSは視力が悪くても店頭で表示してある値段だけで薄いレンズのメガネが買える

ライフ

先日新しくメガネをつくりました。

メガネショップがたくさんあるので、どこでつくろうか迷ったけど、コスパが良いと聞いていたJiNSで初めてつくることに。

結果から書くと、レンズが分厚くなりがちな視力のひとでも、薄い非球面レンズの追加料金がかからないので、コスパ重視でメガネをつくりたいひとはJinsでメガネをつくれば幸せになれます。

メガネは高いものだと思っていた

安くメガネをつくれるメガネショップがいろんなところにあるけど、度数を上げるとレンズが分厚くなるし、薄いレンズを選ぶと追加料金がかかると思っているひとはまだまだ多いと思います。

ぼくがそうでした。

JiNSは薄い非球面レンズを選んでも追加料金がかかりません。

久しぶりにメガネを買いましたが、店頭に書いてある価格のみで買えたのは初めてです。

何をいまさら、JiNSはずっとそう言って宣伝してたじゃないかと言われそうだけど、メガネってだいたいフレームとレンズを合わせた価格で表示してあって、この場合のレンズは分厚い標準レンズが定番。

で、薄いレンズにしたかったら追加料金かかるよって感じなので、勝手にどこのショップでもそんなもんだろうと思考停止していました。

話をちゃんと聞いていなかったんです。反省しています。

JiNSを同じ価格帯のZoffと比較

JiNSと同じような価格帯で展開しているメガネショップZoffと簡単な比較をしてみます。

JiNS フレーム&レンズセット
  • 5,000円+税
  • 8,000円+税
  • 12,000円+税
  • 18,000円+税
Zoff フレーム&レンズセット
  • 5,000円+税
  • 7,000円+税
  • 9,000円+税
  • 12,000円+税

両方ともフレームとレンズのセットで似たような価格だけど、セットのレンズに違いがある。

Zoffのセットレンズは従来型の標準レンズなので、度数を上げると厚みや歪みが出てしまう。薄型のレンズにすることもできるけど追加料金がかかる。

JiNSのセットレンズは最初から薄型非球面レンズなので、どんなに視力が悪くてもレンズを薄くするための追加料金がかからない。

なので、コスパ重視で選ぶならJiNSがおすすめです。

かといって、Zoffがダメかというとそんなこともなく、より薄いレンズを扱っているし、フレームの保証も1年間と長い。

JiNSのフレーム保証は6ヶ月なので倍の差がある。

扱っているフレームのデザインもそれぞれ違うので、目的によってベストなメガネショップを選ぶと良さそうです。

スポンサーリンク

JiNSでメガネに対する考え方が少し変わった

今までメガネは毎日使うものだし良いものを選ぼうということで、フレームは有名なブランドのものを使っていました。

だけど、わずか数千円でメガネが買えるなら、気分によってフレームのデザインを変えれるように複数持ちの使い方もアリかなと思っています。

ファッションアイテムとしてのメガネは伊達メガネというイメージだったけど、視力が良くなくて、コンタクトレンズも持っていないひとでも気軽にメガネでオシャレできるのは素敵。

JiNSでメガネ買ってみたまとめ

レンズの追加料金がなくて、店頭表示価格のままメガネを買えたのが嬉しくてこの文章を書いています。

JiNSもZoffもその他のメガネショップも、それぞれに特徴があってどこが1番良いみたいなことは言えないけど「とにかくコスパ重視」「視力が悪くてレンズの追加料金が気になる」というひとはJiNSでメガネを買うと良いよというお話。

と、ここまで書いたけど最後にメガネショップOWNDAYS(オンデーズ)も薄型非球面レンズ込みの値段で買えると補足しておきます。

良きメガネライフをお過ごしください。

ライフ
スポンサーリンク
hicoblo
タイトルとURLをコピーしました