1年間ジョギングしたけど体重は減らなかった だけどお腹はへこんだ

ジョギング

いつの間にかジョギングをはじめて1年くらい経ちました。ジョギングをしてると話すと、だいたい体重の話になります。

なのでタイトルにもあるように体重について結果を先に書くと、1年間ジョギングしても体重は減りませんでした。

これからダイエット目的でジョギングをはじめてみようとしている人はがっかりしてしまうかもしれない。

だけど、ジョギングで体重は減らないけど、痩せないわけではないです。

1年間ジョギングしても体重は減らなかった

ぼくがジョギングをはじめた大きな理由は、フリーランスという形態で働いていて、毎日の通勤がない。さらに基本的には長時間のデスクワークという環境のため重度の運動不足になっていたから。

この運動不足を解消するために、かるいノリではじめてみたのがジョギング。

1年間の体重変化

せっかくジョギングをはじめたので、定期的に体重計に乗ってみてたんだけど、1〜2kgほどの動きはあるものの、ほとんど体重が変わらない。

ジョギングすれば痩せるもんだと思っていたので、なんで減らないのか謎だった。

体重は減らないけど、増えもしない。

体重が減るのは単純にカロリー収支

一時的に体重が増えたり減ったりしても、2日くらいで元の体重に戻るようになった。

これはつまり、ジョギングをすることでカロリー収支のバランスがとれているんだろうなと思う。

体重が減るということは単純に、

摂取カロリーよりも消費カロリーが大きい状態

なので重度の運動不足だったぼくの場合、ジョギングすることでプラマイゼロになった説を推している。

ジョギングを始める前は体重は順調に増えていたけど、ジョギングを始めてから体重は増えも減りもしなくなった。

体重は減らないがお腹周りは減った

ジョギングを始める前から、いちおう標準体重ではあったので、体重自体はそんなに気にしていなかったけど、体型はなんとかしないといけないと思っていた。

手足は細いけどお腹だけ出ているというこの世で一番ダサい体型になりつつあったのが、ジョギングをはじめたことで解消されつつある。

ジョギングで体重に変化は無いけど、体型には変化があった。

健康的に痩せるとはこういうことかもしれない。

ジョギングのダイエット効果は人によって違う

ジョギングの効果やダイエットについては、もういろんなところで語り尽くされているので詳細は割愛するとして、1年間ジョギングをしてみてダイエットに関するわかったことを少し書くと、

ジョギングで痩せるかどうかは人による。です。

性別、年齢、身長、体重、食事の量、そして生活環境など人によって違うので、当然ジョギングによるダイエット効果も違う。

上にも書いたように、今すでにカロリー収支のバランスがとれた生活をしている人が、ジョギングを始めて消費カロリーを増やせば体重は落ちるんだと思うし、逆に消費カロリーがぜんぜん足りていない人なら少しジョギングするだけで体重は落ちる。

ジョギングで体重を落とすには

体重を落とすという意味でのダイエットのためにジョギングをはじめるなら、

摂取カロリー < 消費カロリー

これを意識してジョギングする時間や距離を伸ばして消費カロリーを大きくするか、ジョギングをしつつ食べる量を調節して摂取カロリーを抑えると間違いなく効果がでる。

ジョギングの距離と頻度の変化

とりあえずやってみるの精神で毎日3km走ってみるということからはじめたジョギング。

2週間ほど毎日3kmのジョギングを続けてみた後「毎日じゃなくてもいいか」と思ったので、距離は3kmのまま週3〜5日でジョギングをすることに。

いつのまにか忙しいことを言い訳に週3日も走らない週がでてきたので、改めてジョギングスケジュールを考え、週4日で朝晩2回3kmジョギングをしてみる。(3kmを2回なので1日で合計6km)

そしてしばらく続けてみて「朝晩2回でもいける」と思っていたけど、スケジュールがしんどくなってきたのと脚の疲れが取れなくなる日が出てきたので週4回朝3kmのみに変更。

というわけで週4回朝3kmがいまのところストレスなくジョギングを続けれる頻度と距離になっています。

1年間ジョギングしてみての感想とか

ジョギングを始めた頃、ジョギングの動作に合わせて胸やお腹周りのお肉が上下に揺れている感覚があったけど、今はすっかり消えた。

余計な脂肪が消えて体も動かしやすくなったので、これだけでもジョギングのメリットは大きい。

これから世の中がどんどん便利になっていくにつれ、体を動かすこと、健康でいることの価値は今よりも大きくなります。

これを書いている現在、新型コロナウィルスの影響でテレワークや自宅勤務に注目が集まっていて、実際に導入する企業も増えていきます。業種によって仕事はどこでもできる時代になりました。

1ヶ月間ほぼ座りっぱなしで、ろくに太陽の光も浴びず作業を続けて体調不良になったことがあるぼくとしては、自宅勤務の人が気にするべきは運動不足対策やで。と思っています。

ジョギングの代わりにヨガを検討してみる(追記)

yoga

3kmのジョギングを1年間続けてみた経験を書きましたが、コロナ禍でのジョギングはマスクの着用の有無や人の少ないコースはどこかを考える必要があるなど、以前よりも外で走りにくくなりました。

これからジョギングを習慣化させようとしている人には、少しハードルが上がってしまったかなと思っています。

もしジョギングの目的を運動不足の解消や、ダイエット、メンタルの安定と考えているなら、ジョギングの代わりにヨガを検討してみても良いかもしれません。

ぼくはYoutubeを見ながら、なんとなく見よう見マネでヨガも実践していました。

リモートワークは仕事に集中することよりも体調管理が大切という記事にも書いていますが、ヨガに関しては運動不足解消よりも、メンタルの安定が狙い。

YoutubeでのヨガならB-lifeというチャンネルが本当におすすめです。

ヨガは内臓の動きが活性化されて、代謝が上がり脂肪燃焼効果も期待できると言われているので、外に出なくても自宅で継続できるヨガはジョギングの代わりとしてかなりアリだと思っています。

Youtubeで見よう見マネはなく、しっかりヨガをやっていみたい人にはオンラインヨガという選択肢もあります。

SOELUソエル
SOELU

運動が苦手でも簡単にできるジョギングやヨガなど、自分に合った運動を続けて無理なく運動不足を解消して脂肪も燃焼しましょう。

人気記事 ジョギングを続けて習慣化するのに役立ったアイテム

この記事を書いた人
hico

グラフィックデザイナー。文章書いたり写真撮ったりもしてます。
映画と音楽、美味しいコーヒーがすき。

ジョギング
スポンサーリンク
hicoblo
タイトルとURLをコピーしました