【サブスク】 PS nowだけじゃない定額で遊ぶゲーム

ゲーム

PS nowの価格が1カ月2,500円から1,180円に値下げ。
さすがにちょっと高いなぁと思っていたのが、
ちょうどいい価格になりました。

ぼくはすでにPS nowは体験済みなので、
PS nowの他に、
ゲームのサブスクリプションは、どんなものがあるのか調べてみたのでメモ。

PS nowだけじゃない定額で楽しめるゲームサービス

EA access


EA access

EA エレクトロニックアーツが提供する、
PlayStation 4Xbox One用のゲームのサブスクリプション。

月額¥518または年額¥3,002で、
先行プレイトライアル+70本以上のEAソフトが楽しめる。

ストリーミングではなく、プレイしたいタイトルをダウンロードするタイプ。

Apple Arcade


Apple Arcade

appleが提供する、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TV用
ゲームアプリのサブスクリプション。

月額600円で100以上のゲームアプリが楽しめる。

Google Play Pass


Google Play Pass

Googleが提供するAndroid向けゲームアプリのサブスクリプション。

最初の12か月は月額1.99ドル、それ以降は月額4.99ドルで今はまだ、
アメリカでのみ利用可能。
他の国は順次サービスを開始予定。

Project xCloud

Project xCloud

マイクロソフトが提供するクラウドゲームサービス。

Android搭載スマホとXbox Oneワイヤレスコントローラーでプレイするらしい。
日本での展開は未定。未定かよ。
Xbox関連はどうも日本で期待できないなぁ。
(買って数回しか起動していないXbox one sが我が家に眠っている)

Project xCloudに関しては、利用料金など、まだ情報が出揃っていないので、
サブスクリプションと言っていいのかわからないけど、
似たようなものかなということで書いておいた。

今後加筆修正するかも(やる気しだい)

スポンサーリンク

Stadia

Stadia

Googleが提供するクラウドゲームサービス。
これもサブスクリプションとはちょっと違うけど書きたくなったので。

日本サービス開始時期は未定。

このStadiaのヤバイところは、PC、スマホ、タブレット、テレビなど、どんな端末を使っても、
同じゲームがプレイできて、どんなコントローラーでも対応しているところ。

そしてGoogleが展開するサービスというだけあって、
YoutubeやSNSにシェアすることがどのゲーム機よりも手軽。

ゲームのサービスなんだから、どんなに凄くても、
肝心のゲームが面白くないと意味がないんだけど、
Googleが提供するStadiaで面白いゲームができるとなると、
一気にゲーム業界の勢力図みたいなのが変わるんじゃないかなぁと
個人的には思ってます。

進化するサブスクリプション

音楽、映画、本はすでにサブスクリプションが定着してきた感があるけど、
まだ定着していなくて、これからおもしろくなりそうなのが、
ゲームのサブスクリプション。

サブスクリプション自体は嫌いじゃないけど、
ちゃんとクリエイターに利益があるのかなぁと気になったりもしている。

まだまだこれから、いろんなものがサブスクリプション化するんだろうなぁ。

この記事を書いた人
hico

グラフィックデザイナー。文章書いたり写真撮ったりもしてます。
映画と音楽、美味しいコーヒーがすき。

ゲーム
スポンサーリンク
hicoblo
タイトルとURLをコピーしました